パワーポールアシストケーブル

お世話になってます。

今回ご紹介するのはパワーポールアシストケーブルです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パワーポールアシストケーブルは故障などで上がらなくなってしまったパワーポールを上げるためのアシストケーブルです。

P5132885[1]現行・旧ブレイド用&現行プロ2用

P5132883[1]旧プロ2・シグネチャー・スポーツマン用

パワーポールはアンカー部が湖底に刺さったまま故障すると関節部を引っ張らないと引き上げることができません。ところが関節部はボートから届かない位置にあるため途方に暮れることも・・・

 パワーポールアシストケーブルは予めパワーポールの関節部にケーブルを設置しておくことでいざという時にパワーポールを引き上げることができるアイテムです。

P5032766[1]

取り付け手順は以下の通りです。

①パワーポールの関節部にあるボルト&ナットを外してください。

P5032701[1]

パワーポールアシストケーブルに付属する長めのボルトにケーブルのワッシャを通した上でパワーポールに取り付けます。

P5032708[1]P5032709[1]P5032719[1]P5032720[1]

③パワーポールの真ん中あたりをペーパーで脱脂して配線クリップを上向きに貼り付けます。

P5032726[1]P5032728[1]P5032732[1]

④ケーブルに付いているコックのノブを回してパワーポールに開いている穴径に合わせて取り付けます。旧プロ2・シグネチャー・スポーツマン用にはコックが付いていないので配線クリップで止めます。

P5032734[1]P5032736[1]

⑤完成です。

P5032766[1]

パワーポールが故障した際、油圧が生きているとパワーポールアシストケーブルで引っ張っても上がりません。その場合は、パワーポールのポンプにあるホースをレンチで緩めたり、ハサミやカッターで切って油圧を殺した上でパワーポールを上げることになります。

P5032756[1]油圧を殺して・・・P5032744[1]コックを外して・・・OLYMPUS DIGITAL CAMERAケーブルでパワーポールを引っ張ります。

パワーポールを上げた後は付属するゴムバンドで固定してください。

P5032750[1] P5032754[1]

※ブレイド10ftにも使用できますが、ケーブルの長さは8ft用なのでコックの位置がボートから少し遠くなりますのでご注意ください。

湖上やトーナメント中のトラブルに慌てることなく冷静に対応できる、備えあれば憂いなしなパワーポールアシストケーブル。ご購入は下記リンクからどうぞ。

https://heartsselect.shop-pro.jp/?pid=151077102