DSレンタルボートラダー&DSレンタルボートラダー取付デッキ

お世話になります。

デモ艇に装着していたレンタルボートアイテムのご紹介、第三弾となる今回はデジタルストラクチャーのDSレンタルボートラダーDSレンタルボートラダー取付デッキです。

P6123513[1]DSレンタルボートラダーP6123485[1]DSレンタルボートラダー取付デッキ

まずDSレンタルボートラダーのご紹介です。

P6123529[1]

ラダーと言えばレンタルボートに装着することでボートの直進性や静止安定性の向上、船尾の横滑りや風で流されることを抑止します。DSレンタルボートラダーは多くの特徴を持ったラダーです。

特徴①:クランプ部はスライド式でノブ1本で締め込み可能な楽チン構造です。

P6123532[1]P6123525[1]スライド式なのでノブを回し続ける必要がありません!P6123491[1]クランプ部が二股になっていてノブ一本を回すだけ!P6123497[1]

特徴②:プレートの高さは無段階調整です。プレートの角度も固定可能です。

P6123516[1]2

特徴③:角度固定ノブをフリーにしておけばプレートは跳ね上げ式になり、プレートの角パイプにロープを取り付ければエレキを操船しながら障害物を避けるために跳ね上げることも可能です。

P6123507[1]ロープを引っ張ることで・・・P6123502[1]跳ね上げ可能です!

カラーはブラック・シルバーの2色(掲載写真はブラックです)、長さは950mmと750mmの2種類、計4種類から選べます。

ラダー高さ

次にDSレンタルボートラダー取付デッキのご紹介です。

P6123534[1]

DSレンタルボートラダー取付デッキはラダー取付板が付いていないレンタルボートにラダーを取り付けることができるデッキです。聞くところによるとラダーの取付板がないレンタルボートにはラダー使用禁止のところがあり、取付板のあるボートが取り合いになるケースもあるとかないとか。そんなストレスから解消されるのがDSレンタルボートラダー取付デッキです。

特徴①:軽くて丈夫なアルミ製で取り付け方法は一般的なバウデッキと同じです。

P6123479[1]まくら木を挟んで両側のノブを締めるだけ!

特徴②:ラダー取付部はノブを緩めることで前後にスライドさせることができるのでいろんなボートに対応可能です。

P6123487[1]

カラーはブラックのみの1種類です。

あるとレンタルボートの操船が劇的に楽になるDSレンタルボートラダーDSレンタルボートラダー取付デッキ。ご購入は下記リンクからどうぞ。

DSレンタルボートラダーhttps://heartsselect.shop-pro.jp/?pid=151954767
DSレンタルボートラダー取付デッキhttps://heartsselect.shop-pro.jp/?pid=151954809

 


DSハイデッキ

お世話になります。

デモ艇に装着していたレンタルボートアイテムのご紹介、第二弾となる今回はデジタルストラクチャーのDSハイデッキです。

P6123465[1]

DSハイデッキ多くの特徴を持ったレンタルボート用のアルミ製ハイデッキです。

特徴①:DSハイデッキは軽くて丈夫なアルミ製、オフセットトレー部はステンレス製です。重量は約10kgで両端を折りたたむことができるので楽々運べます。

P6123399[1]大きさは展開時が980mm×1020mm、折りたたみ時が540mm×1020mmですP6123404[1]留め具が付いているので折りたたんでもパタパタしません!P6123401[1]持ち運びが楽々簡単!

特徴②:DSハイデッキシートヒンジを採用しているので展開時にヒンジが飛び出ることがなく完全フラットです。

P6123406[1]

カーペットはフカフカのマリンカーペット。厚みもあるので丈夫です。

P6163616[1]

特徴③:DSハイデッキ裏面にはすべり止めのラバーが装着してあり、エレキや魚探の配線をレイアウトできる配線クランプが付属します。

P6153598[1]P6153603[1]DS_ハイデッキ配線レイアウト例

DSハイデッキの中央と両端には配線を通す隙間もあります。

P6173617[2]

設置は簡単。

P6123409[1]ボートの浮力体と浮力体の間に渡すように置いて・・・P6123412[1]留め具を外して両端を開いて・・・P6123415[1]終了です!

カーペットのカラーはグレーとブラックの2種類。

DS_ハイデッキ3

オフセットトレーが純正仕様とパンチング仕様(税別5,000円UP)の2種類があります。

DS_ハイデッキ2

※当該商品はメーカーからのお取り寄せで発送の場合、個別送料として3000円(税別)頂きます。
※写真にあるフロアデカールは付属いたしません。

P6173627[1]

あると釣りが劇的に快適になるDSハイデッキ。ご購入は下記リンクからどうぞ。

https://heartsselect.shop-pro.jp/?pid=151764799


DSバウデッキ

お世話になります。

5月にハーツマリンのフェイスブックツイッターインスタグラムでチラ見せした当店のレンタルボートデモ艇。

IMG_9435[1]

デモ艇に装着していたレンタルボートアイテムの販売環境が整いましたので順番に紹介したいと思います。

今回ご紹介するのはデジタルストラクチャーのDSバウデッキです。

IMG_9450[1]

DSバウデッキは多くの特徴を持ったレンタルボート用のアルミ製バウデッキです。

P6083392[1]

特徴①:DSバウデッキは軽くて丈夫なアルミ製です。重量は1.7kg。添え木もアルミ製なので腐ったり、ヘタったりすることがありません。

P6063263[1] P6063259[1]

特徴②:DSバウデッキにはペンチやハサミを収納したり、ルアーをぶら下げて置けるタックルラックが付いています。

P6073297[1]

特徴③:DSバウデッキの両サイドにはスティックイットの樹脂マウントやサイドマウントベースを取り付ける凸部があります。12フィートの和船タイプのレンタルボートだとボートの縁から飛び出ますので使い勝手が良いです。

IMG_9453[1]

特徴④:DSバウデッキには折り曲げ部を利用したり、両サイドの凸部の利用した、たくさんのオプションがありますので順番にご紹介します。

DSバウデッキ用魚探架台
DSバウデッキに取り付けられるオプションのアルミ製魚探架台です。カラーはアルマイトのブラックのみ。右用・左用・中央用の3種類あります。

P6073321[1]DSバウデッキ用魚探架台右用P6073328[1] DSバウデッキ用魚探架台左用P6073334[1]DSバウデッキ用魚探架台中央用P6073338[1]左右で取り付けも可能です

DSバウデッキに穴を開けることなく取り付けることができます。ご購入は下記リンクからどうぞ。

https://heartsselect.shop-pro.jp/?pid=151637697

DSバウデッキ用RAMマウントベース
DSバウデッキの両側に取り付けられるオプションのRAMマウントベースです。カラーはアルマイトのブラックのみ。1.5ボールインチのボールマウント(RAM-202)用と菱形ベース用の2種類があります。

P6073366[1] P6073371[1] P6073375[1] P6073362[1]

DSバウデッキに穴を開けることなく、裏面にもネジの頭が飛び出ることなく、RAMマウントが取り付けることができます。取り付けたRAMマウントを利用して魚探やオリジナルサイドマウントポールを取り付けることができます。ご購入は下記リンクからどうぞ。

https://heartsselect.shop-pro.jp/?pid=151637727

DSバウデッキ用タフクロー取付ベース
DSバウデッキの両側に取り付けられるオプションのタフクロー取付ベースです。カラーはアルマイトのブラックのみです。

P6073282[1] P6073344[1]

DSバウデッキに穴を開けることなく、裏面にもネジの頭が飛び出ることなく、サイドマウントポール タフクローセットなどタフクローを使ったアイテムを取り付けることができます。ご購入は下記リンクからどうぞ。

https://heartsselect.shop-pro.jp/?pid=151638076

DSバウデッキ用スティックイット樹脂マウントベース
DSバウデッキの両側に取り付けられるオプションのスティックイット樹脂マウントベースです。カラーはアルマイトのブラックのみです。

P6073284[1]P6073353[1]

DSバウデッキに穴を開けることなく、裏面にもネジの頭が飛び出ることなく、スティックイットの樹脂マウントを取り付けることができます。ご購入は下記リンクからどうぞ。

https://heartsselect.shop-pro.jp/?pid=151637827

また、当店オリジナルで以下の項目を無料で施工させて頂きます。

P5273066[2]

 ①使用されているエレキのマウントの取付穴を無料で加工します
 ​②RAMマウントベースの取付穴を希望の位置に無料で加工します

カラーは塗装のブラック・レッド・ブルーの3種類とアルマイトのブラック・レッド・ブルー・ゴールドの4種類、計7種類から選べます。

DS_color[1]

数多くあるレンタルボート用バウデッキの新たな選択肢となるDSバウデッキ。ご購入は下記リンクからどうぞ。

https://heartsselect.shop-pro.jp/?pid=151630283


ヘルム用ストライドマウント

お世話になります。

今回ご紹介するのは日本仕様のバスボートパーツブランド『 J-SPEC 』がリリースしたヘルム用ストライドマウントです。

P5172959-2[1]

ヘルム用ストライドマウントはコンソールの形状やメーターの配置、ダッシュボードのガタつきなどの影響を受けることなく、最新のバスボートと同じようにコンソールの正面にGPS魚探が設置できるマウントです。

P5172951[1]P5233006[1]P5233019[1]

最新のバスボートは大型GPS魚探がコンソールに埋め込むことができるデザインですが、古いボートはコンソールにたくさんのメーターが配置されているので正面にGPS魚探が設置できませんでした。そんなコンソールにGPS魚探を正面に設置可能としたのが、『 J-SPEC 』がリリースしたダッシュボード用ストライドマウントです。

IMG_8463[1]ダッシュボード用ストライドマウント

ダッシュボード用ストライドマウントが万能だったかと言えばそうではありません。チャンピオンやイーグルのようにコンソールが台形に凹んでいたり・・・

P4142490[1]

レンジャーZ19・20・21やスキーターのようにメーターが隙間なく配置されていたり・・・

P5032790[1]IMG_8829[1]

トライトンにありがちなダッシュボードがガタついてGPS魚探の重さに耐えられなかったり・・・

210857959_org.v1495839645

これらのコンソールにはダッシュボード用ストライドマウントで正面にGPS魚探を設置できず、RAMマウントでコンソール横に設置することが多いのですが、ラフウォーターを走行中にGPS魚探が『お辞儀』することがストレスになることも・・・

そんなストレスもヘルム用ストライドマウントなら解消することができます。

P5172947[1]

取り付けられるボートは下記の通りに大別されます。

  • ヘルム用ストライドマウントのみで取り付けられるボート(Aタイプ)
  • スペーサーやカラーの追加が必要なボート(Bタイプ)
  • ヘルムの全ネジを交換する必要があるボート(Cタイプ)

まず、愛艇に設置できるかどうか、設置できるとしたらどのタイプか確認します。

①そんなにないとは思いますが、油圧ホースに余裕があるかどうか確認してください。ある程度の余裕がないと油圧ホースを抜かないと設置できません。

P4142468[1]ハンドルを手前に引っ張り出すだけの余裕が必要です

②ヘルムがダッシュボードに埋まっているボートはどれくらい埋まっているのか、爪楊枝などを使って寸法(Xmm)を測ります。

P5253043[2]レンジャーZ20は28mmほど埋まっていました

③11.5cm角の段ボール板を用意してヘルム上部にあてて段ボールにメーターなど干渉するものがないかどうか、干渉するならダッシュボードパネルから段ボールを何mm手前(Ymm)に配置したら干渉しないか確認します。

P5253037[2]レンジャーZ20はメーターが干渉、10mm手前にする必要がありました

④段ボール上部の一辺に沿う形で設置したいGPS魚探を配置してメーターやコンソールのモールなどが干渉しないかどうか、段ボール上部の一辺にから30mm下にずらして干渉しないかどうか、干渉するなら段ボールを何mm手前(Zmm)に配置したら干渉しないか確認します。設置したいGPS魚探のコの字架台の長さが270mm以下の場合は270mmの範囲で干渉しないかどうか確認してください。

P5253032[3]P5253030[2]P5253027[2]干渉しないよう赤矢印方向にずらした寸法がZmmになります

⑤コンソールの裏面を見てヘルム取り付けボルトがナットから飛び出ている寸法(@mm)を測ります。

P4142410[2]P5253054[1]余ったネジをカットしたと思われるボートもありました

⑥手順②から⑤で測定した寸法X・Y・Z・@の関係でタイプを判別します。

  • X+Y+Zが0mmで@が5mm以上の場合・・・Aタイプ
  • X+Y+Zが0mmで@が5mm未満の場合・・・Cタイプ
  • @がX+Y+Z+5mmより長い場合・・・Bタイプ
  • @がX+Y+Z+5mmより短い場合・・・・・・Cタイプ

Bタイプの場合、X+Y+Zが5mm以内ならスペーサー1枚、X+Y+Zが5mm以上なら(X+Y+Z-5mm)の寸法より長いカラーが必要になります。Cタイプの場合、Bタイプと同様のスペーサー・カラーに加えて全ネジが必要になります。

今回、取り付けたトライトンTR-19はXが5mm弱、YとZは0mm、@が20mmだったのでBタイプとなり、X+Y+Zが5mm以内なので必要なものは5mmのスペーサー1枚でした。

レンジャーZ20はXが28mm、Yが10mm、Zが0mm、@が20mmだったのでCタイプとなり、必要なものは5mmのスペーサー1枚、(X+Y+Z-5mm)が33mmなので35mmのカラーと全ネジが必要でした。

【Aタイプ・Bタイプの取り付け方法】
①ヘルムを取り付けている4つのナットを外してハンドルをトリムのケーブルなどが断線しないように気を付けながら手前に外します。

P4142424[1]

ヘルム用ストライドマウントを油圧ホースをかわしながら穴にボルトを通します。

P4142434[1]P4142439[1]

③Bタイプの場合は必要なスペーサーやカラーをボルトに通してください。

P4142451[1]スペーサーのみの場合

P5032810[1]カラーが必要な場合はスペーサーとの間に入れてください

④ハンドルを戻してナットを締めて完成です。

P4142454[1]P4142457[1]

【Cタイプの取り付け方法】
①ヘルムを取り付けている4つのナットを外してハンドルをトリムのケーブルなどが断線しないように気を付けながら手前に外し、全ネジ4本を六角レンチやバイスプライヤーで外します。

P5032779[1]P5032770[1]

②外した全ネジの長さに(X+Y+Z+5mm-@)の寸法を足した上でさらに少し長めの全ネジを4本作ります。レンジャーZ20はXが28mm、Yが10mm、Zが0mm、@が20mmでしたから23mmに5mmほど加えて28mm長い全ネジを作りました。

P5032783[1]P5032794[1]

③ダブルナットやバイスプライヤーで用意した全ネジをヘルムに取り付けます。

P5032795[1]

④Bタイプと同様にヘルム用ストライドマウント・スペーサー・カラーを入れてハンドルを戻してナットを締めて完成です。

P5032810[1] P5032813[1] P5032830[1]

材質は本体が肉厚4mmのステンレス製、スペーサーとカラーはアルミ製、全ネジはステンレス製になります。

長編ブログになってしまいましたが、いかがだったでしょうか。『難しいなぁ・・・』と思った方はお世話になっているメカニックさんに依頼するのが良いと思います。当ブログ通りに測定しても愛艇に設置できるかどうか判断が付かない場合はお問い合わせください。

注意事項は下記の通りです。

【注意事項】
※チルトヘルムには装着できないのでご注意ください。
※GPS魚探がハンドルに干渉する場合はハンドルやハンドルボスの交換、ハンドルボススペーサーで距離を確保することが必要です。
※予告なく形状などを変更することがございますので予めご了承ください。

コンソールに問題があっても大型GPS魚探が正面に設置できるヘルム用ストライドマウント。ご購入は下記リンクからどうぞ。

https://heartsselect.shop-pro.jp/?pid=151266297

 


ローランスゴースト用ブラケット

お世話になってます。

今回ご紹介するのは日本仕様のバスボートパーツブランド『 J-SPEC 』がリリースしたローランスゴースト用ブラケットです。

P5172941-2[1]

ローランスゴースト用ブラケットはローランスゴースト用ブラケットはローランスゴーストに振動子プロテクターを介して各種振動子をモーターに取り付けるためのブラケットです。

P5172893[1]

ローランスのゴーストは昨年12月に発売されたトローリングモーターです。

lowrance-ghost-electric-trolling-motor
ローランス ゴースト(GHOST)トローリングモーター

モーターは魚探にノイズが入りにくいブラシレスで従来のモーターより小型化、標準でHDI振動子が内蔵されています。また、3in1振動子が内蔵されたノーズコーンがオプションとしてラインナップされています。

000-15275-001-LOW-2
標準のモーター

79588BXL__55652.1580944447.1280.1280
ローランス ゴースト(GHOST)アクティブイメージング3in1ノーズコーン振動子

ノイズなし!小型化&HDI振動子内蔵は喜ばしいことなのですが、トータルスキャン振動子や3in1振動子を既に持っていて現有のトローリングモーターに J-SPEC の振動子プロテクターで装着していた方にとっては問題でした。

IMG_6812[1]
トータルスキャン振動子プロテクター3in1振動子プロテクターは当店でも売れ筋のプロテクターです。

取り付けるのを諦めていた方もローランスゴースト用ブラケットを使用すればトータルスキャン振動子プロテクター3in1振動子プロテクターを介してゴーストのモーターにトータルスキャン振動子や3in1振動子に装着できます。

取り付け方法は簡単です。

①ご使用になられてているトータルスキャン振動子プロテクター3in1振動子プロテクターの赤丸部(爪から2番目)の穴に角パイプを短手側が爪側になるようにネジで取り付けます。

P5222983[2]

P5172907[1]

P5172909[1]

トータルスキャン振動子プロテクター3in1振動子プロテクターに振動子を取り付けます。

P5172912[1]

③付属するパーカークランプでゴーストのモーター上部にブラケットを取り付けます。

P5172921[1]

トータルスキャン振動子プロテクター3in1振動子プロテクターをパーカークランプで取り付けます。

P5172930[1]
※2本目のパーカークランプはモーターの円錐部に掛かりますが、ブラケットが滑って外れることを防止してくれます

完成です!

P5172941[1]

少数派だと思いますが、ハミンバードのサイドイメージ振動子やホンデックスHE9000振動子も J-SPEC の振動子プロテクター加工する(角パイプやパーカークランプの穴を開ける必要があります)ことで取り付けることができるのでご相談ください。

持っているトータルスキャン振動子や3in1振動子を無駄にすることなくローランスのゴーストに装着できるローランスゴースト用ブラケット。ご購入は下記リンクからどうぞ。

https://heartsselect.shop-pro.jp/?pid=151212051