ガーミンGT52振動子プロテクター

お世話になってます。

今回は日本仕様のバスボートパーツブランド『 J-SPEC 』がリリースしたガーミンGT52振動子プロテクターのご紹介です。

IMG_0862[1]

ガーミンGT52振動子プロテクターはバスフィッシングに最適なガーミン GT52HW-TM 12pin オールインワンCHIRP振動子用のプロテクターです。

IMG_0817[1]

ガーミン GT52HW-TM 12pin オールインワンCHIRP振動子は単体ではエレキに装着できませんが、装着用の樹脂ブラケットが付属します。

IMG_0814[1]

樹脂ブラケットでエレキに装着してもそのままでは振動子を障害物から守ることはできません。ガーミンGT52振動子プロテクターガーミン GT52HW-TM 12pin オールインワンCHIRP振動子に覆いかぶせるように装着することで振動子に直接、障害物が当たるのを防ぎます。

IMG_0869[1]

装着方法は簡単。ガーミン GT52HW-TM 12pin オールインワンCHIRP振動子に樹脂ブラケットを装着してガーミンGT52振動子プロテクターを樹脂ブラケットの穴に合わせて被せてパーカークランプでエレキに装着するだけです。

IMG_0828[1]

IMG_0833[1]

IMG_0850[1]

IMG_0838[1]

IMG_0869[1]

寸法は以下の通りです。

IMG_0896[2]

IMG_0898[1]

※取り付けにはパーカークランプが2個必要です。
※モーターガイド・ミンコタ共に使用可能です。
※改良の為、予告なく仕様を変更することがあります。
※当商品を装着してハイバイパスで航行するとエレキのペダルに抵抗を感じることがありますので航行には十分ご注意下さい。

ガーミン GT52HW-TM 12pin オールインワンCHIRP振動子を障害物から守るガーミンGT52振動子プロテクター。ご購入は下記リンクからどうぞ。

http://heartsselect.shop-pro.jp/?pid=131700225

 


ストライドマウントW

お世話になっております。

今回は日本仕様のバスボートパーツブランド『 J-SPEC 』がリリースしたストライドマウントWのご紹介です。

P3312024[1]

ストライドマウントWはGPS魚探2台を並列にオフセットトレーやエレキケーブルに干渉することなく、ボート正面の高い位置に設置できる架台です。

P3312038[1]

ストライドマウントWは発売以来、大変ご好評を頂いておりますストライドマウントをベースにGPS魚探2台が並列で設置できるよう任意の長さでワンオフで作製します。

SMW_Sunpou

オーダー時にはご自身が並べたいGPS魚探の寸法とバスボートに設置できる幅を考慮して外寸法「X」を決めて頂きます。

まず、愛艇のストライドマウントWを設置したい場所の寸法を測定します。

IMG_0545[1]

次に並べたいGPS魚探2台を並列で置きます。

IMG_0531[1]

その際、魚探のノブを締めることができるような間隔を開けてください。

IMG_0532[1]

その上で魚探の架台の取付穴の外側寸法①と架台の外側寸法②を測定してください。

IMG_0542[3]

架台の外側寸法②に110mm足した寸法より愛艇の寸法のほうが長いなら架台の外側寸法②が「Z」の寸法となり、「X」は「Z」の寸法に110mm足した寸法になります。

架台の外側寸法②に110mm足した寸法より愛艇の寸法のほうが短いなら架台の取付穴の外側寸法①に余白40mmを加え、更に110mm足した寸法と比較して愛艇の寸法のほうが長いなら架台の取付穴の外側寸法①に余白40mmを足した寸法が「Z」の寸法となり、「X」は「Z」の寸法に110mm足した寸法になります。

架台の取付穴の外側寸法①に余白40mmを加え、更に110mm足した寸法より愛艇の寸法のほうが短いならGPS魚探2台を並列で並べることができないのでストライドマウントWは作製不可となります。

IMG_0521[1]

写真には取付穴があいてますが、実際の製品には穴は開いていません。取り付けられるGPS魚探に合わせてご自身で穴を開けてください。アルミ製なので簡単に穴を開けることができます。

ストライドマウント寸法-2

横から見た寸法は写真の通りです。

ストライドマウントWの固定にはM5のタッピングネジがお勧めです。設置するGPS魚探の大きさや重量を考慮した長さをお選びください。

GPS魚探2台をストレスなく、見やすい位置に設置できるストライドマウントW。ご購入は下記リンクからどうぞ。

ストライドマウントW:http://heartsselect.shop-pro.jp/?pid=131179886

 


ホンデックスHE-9000振動子プロテクター

お世話になってます。

今回は日本仕様のバスボートパーツブランド『 J-SPEC 』がリリースしたホンデックスHE-9000振動子プロテクターのご紹介です。

IMG_9970[1]

ホンデックスHE-9000振動子プロテクターは昨年末に発売されたホンデックスHE-9000に採用されたスマートデューサ振動子用のプロテクターです。

IMG_9975[1]

ホンデックス初のオールインワン振動子は付属するブラケットを使用しないとトランサムにもエレキにも装着できない構造です。

IMG_0001[1]

ブラケットを使用してエレキに付けても振動子を障害物からプロテクトすることはできません。ホンデックスHE-9000振動子プロテクターはスマートデューサ振動子を簡単にエレキに装着できて前方から振動子に直接、障害物が当たるのを防ぎます。

IMG_9968[1]

取付方法は簡単です。予め配線する側の穴にタイラップを通してプロテクターに付属するネジ4本で止めるだけです。

IMG_9937[1]

IMG_9940[1]

IMG_9945[1]

外寸は以下の通りです。

IMG_9992[2]

IMG_9981[1]

※取り付けにはパーカークランプが2個必要です。
※モーターガイド・ミンコタ共に使用可能です。
※改良の為、予告なく仕様を変更することがあります。
※当商品を装着してハイバイパスで航行するとエレキのペダルに抵抗を感じることがありますので航行には十分ご注意下さい。

現状では単体購入できないスマートデューサ振動子を障害物から守るホンデックスHE-9000振動子プロテクター。ご購入は下記リンクからどうぞ。

http://heartsselect.shop-pro.jp/?pid=129604891


ハミンバード用家庭電源アダプター

お世話になってます。

今回はハミンバード用家庭電源アダプターの紹介です。

P2131835[1]

家庭電源アダプターといえばローランス用家庭電源アダプター

IMG_8359[1]

部屋にバッテリーを持ち込むことなくローランスの魚探を操作できるということで人気のアイテムです。

IMG_8338[1]

ローランスユーザーに人気のアイテムなのにハミンバード用を用意していなかったことでハミンバードユーザーの方々にはご迷惑をお掛けしましたが、ハミンバード用家庭電源アダプターも部屋にバッテリーを持ち込むことなくハミンバード魚探を操作することができます。

ご注意いただきたいのが、ハミンバードは振動子を接続していないと魚探画面が表示されません。なのでメニューにどんな設定があるのかなどを部屋で確認したい場合はシミュレーター画面にしてください(HELIX説明書の2ページ参照)。

S00031

シミュレーター画面で設定した条件は魚探使用時の設定にそのまま引き継がれます。

S00032

お勧めはナビゲーションデータの管理。ハミンバードはポイントをマーキングすると必ず〇印になります。これを意味のあるお魚マークやウィードマークに変更しようとするとナビゲーションデータの管理画面から編集する必要があります(HELIX説明書の79ページ参照)。

S00034

これがちょっと面倒なプロセスなので湖上では『✖✖番お魚』とか『〇〇番ウィード』とメモしておいて部屋でマーキングの種類を変えるのも良いと思います。

一家に一台あると便利なハミンバード用家庭電源アダプター。ご購入は下記リンクからどうぞ。

http://heartsselect.shop-pro.jp/?pid=128416861

 


バスボートカバー

お世話になってます。

今回はバスボートカバーのご紹介です。最近、遠方の方から通販の希望がありましたのでハーツセレクトにUPすることにしました。

当店で扱っているボートカバーはいつもお世話になっている日本サプライさんが作製するポリエステル製ボートカバーサンブレラ製ボートカバーの2種類です。当店に駐艇してあるボートの9割近くが日本サプライさんが作製したボートカバーというボートオーナーさんから絶大なる支持を得ているカバーです。

IMG_5739[1]ポリエステル製

P1241642[1]サンブレラ製

日本サプライさんが作るボートカバーの最大の特徴はキャスティングシートとエンジンを利用してテント状にすることでカバーの上に水が溜まるのを防げぎ、ボートを採寸して作るオーダーメイド品であることです。

11782356_1039889526052016_1823538900162992010_o

オーダーメイドなのでボートにピッタリサイズ!下記動画のとおり、しっかりとカバーを掛けていれば水が溜まったりバタついたりすることはありません。

日本サプライさんは各ボートブランドのボートカバーを多数作製していますのでたくさんの型をお持ちです。もし、なかったとしても当店に駐艇されているボートであれば採寸して作製可能です。

ポリエステル製・サンブレラ製それぞれの特徴は以下の通りです。

【ポリエステル製】

  • 表面がツルツルしていて黒色なので積もった雪が溶けやすい
  • サンブレラ製ボートカバーと比べると安価(ただし、耐久性は劣ります) 

【サンブレラ製】

  • ポリエステル製ボートカバーと比べると約2倍の耐久性があります
  • 透湿性に優れているので雨天での釣行後、カバーを掛けても晴れの日が何日か続けばデッキが乾きます
  • 布製なのでボートとの接触面が傷つきにくい 
  • ポリエステル製と比べると軽くて折りたたみやすい

【共通】

  • ボートに合わせて採寸した形状で作製しますのでピッタリサイズです
  • ジャック・パワーポールの有無やフェンダーまで覆うタイプなどリクエストに応じて作製します 

サンブレラのカラーはブラック・ネイビー・グレーの三色(ブルー・レッドもご用意できますが、時間が経つと汚れが目立つので3色のみの販売です)。ポリエステルはブラックの一色です。

P1241667[1]サンブレラ:ブラック

P1241642[1]サンブレラ:ネイビー

P1241652[1]サンブレラ:グレー

IMG_5739[1]ポリエステル:ブラック

オーダーは船体のフィート単位になります。ジャックプレートが付属している場合は1フィート加算した寸法をお選びください。オプションとして日焼けを防止できるフェンダーまでのカバーとパワーポールの切り掛けをオーダーできます。

P1241644[1]フェンダーまでカバー:オプション価格50,000円(税別)

P1241656[1]パワーポールの切り掛け:片側4,500円(税別)・両側7,000円(税別)

愛艇のコンディションを維持するためにはとても重要なボートカバー。ご注文は下記リンクからどうぞ。

サンブレラ製ボートカバー:http://heartsselect.shop-pro.jp/?pid=127479422
ポリエステル製ボートカバー:http://heartsselect.shop-pro.jp/?pid=127487373