ハミンバード HELIX メガイメージング振動子プロテクター

お世話になってます。

今回ご紹介するのは日本仕様のバスボートパーツブランド『 J-SPEC 』がリリースしたハミンバード HELIX メガイメージング振動子プロテクターです。

P5190772[1]

ハミンバード HELIX メガイメージング振動子プロテクターは今春、発売されたHELIX 9・10・12 CHIRP MEGA SI GPS G2Nに採用されているメガイメージング振動子用のプロテクターです。

P5190768[1]

メガイメージング振動子は従来の振動子よりひと回り大きくなり、本体にナットがインサートされました。

P5190783[1]

その結果、そのままではエレキに装着することができなくなりました。また、振動子のケーブルがインサートされたナットと同じ並びにあって厄介な構造になっています。

P5190786[1]

ハミンバード HELIX メガイメージング振動子プロテクターはメガイメージング振動子を簡単にエレキに装着できて前方から振動子に直接、障害物が当たるのを防ぎます。

P5190782[1]

取り付けは簡単で振動子に付属するネジ6本で止めるだけ。ケーブルもうまくかわすことができました。

P5190779[1]

外寸は以下の通りです。

P5190798[2]

P5190793[1]

※取り付けにはパーカークランプが2個必要です。純正のエレキ取付部品を購入する必要はありません。
※モーターガイド・ミンコタ共に使用可能です。
※改良の為、予告なく仕様を変更することがあります。
※当商品を装着してハイバイパスで航行するとエレキのペダルに抵抗を感じることがありますので航行には十分ご注意下さい。

買うと6万円以上するメガイメージング振動子を障害物から守るハミンバード HELIX メガイメージング振動子プロテクター。ご購入は下記リンクからどうぞ。

http://heartsselect.shop-pro.jp/?pid=118097287

 


スティックイットの送料について

お世話になります。

メディアでも取り上げられていたのでご存知の方もいらっしゃると思いますが、6月19日よりヤマト便のサービス内容変更および運賃改定が実施されます。

http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/info/info_170428_02.html

この変更により大きさが200cmを超えるスティックイットはヤマト便では発送できなくなります。

201205281458279ce

現在、この長さでも扱ってくれる佐川急便と料金について交渉していますが、現状はヤマト便と比べて倍以上の料金です。結果によっては送料無料サービスを廃止するかもしれません。現状の宅配業者を取り巻く環境からすると送料の値上げは致し方ないかなとは思いますが・・・

いずれにしてもハッキリしましたら改めて当ブログでご報告いたします。

 


シートベースCAP

お世話になります。

今回はシートベースCAPのご紹介です。

IMG_4894[2]

シートベースCAPはこれまで日本で作った樹脂製のものを販売していましたが、アメリカでアルミ製のものが発売されましたのでこちらを販売することにいたしました。

レンジャーやチャンピオン、ホークやスナガのイーグル等に採用されているシートベースは穴が大きいので異物や水などが入りやすく、シートポールが抜けなくなる原因のひとつでした。

IMG_6707[1]

特にレンジャーの運転席の足元にある穴は船内を通ってドレンまでつながっていてワームやフック、シンカー等の異物が入るとトラブルの原因にもなりますのでシートベースCAPをしておくことをお勧めします。

IMG_4898[2]

アメリカで発売になったシートベースCAPは外れにくくするために写真矢印のようにOリングが装着されています。これでラフウォーターを走行しても外れにくいと思います。

シートベースの穴の表面に錆びなどの異物がついていたり、経年劣化により変形しているとシートベースCAPが入りづらいことがあります。その場合は穴の表面をホールソー等でキレイにして潤滑剤を塗布して装着してください。また、シートベースCAP穴から取る際にマイナスドライバー等で端部をこじったりすると欠ける恐れがありますのでご注意ください。

IMG_4884[1]

備えあれば憂いなし的なシートベースCAP

ご購入はこちらからどうぞ。

 


セーブフェイス入荷。

ご無沙汰してました。

久しぶりにセーブフェイスが入荷しました。

IMG_4653[1]

入荷したのはディアブロインティミデーターファントムOSCの4色です。いずれも曇りにくいサーマルレンズを使用したセーブフェイスです。

併せてスモークカラーの交換用サーマルレンズも入荷しました。

lens-tm-thermaldarksmoke-lg
 

セーブフェイスに使用されているサーマルレンズはクリアなので晴天用に持っておくのも良いと思います。また、サーマルレンズではありませんが、ミラーレンズスモークも入荷しています。

lens-tm-mirrordarksmoke-lg

雨天時や荒れている時に装着することで視界が確保できるセーブフェイス。ご購入は下記リンクからどうぞ。

http://heartsselect.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1060163

 


トロールロック(トロールテイマー)はX5にも使える!?

お世話になってます。

霞水系や琵琶湖などの大規模レイクがホームの方や愛艇を牽引する方に人気のトロールロック(トロールテイマー)

RIMG0844[1]

モーターガイド用は昨年発売となったX5シリーズには装着できますか!?というお問い合わせを頂いていたので希望するお客様のX5でトライしてみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

結論からお伝えしますと装着可能でした。ただし、注意が必要です。ベースがネジで組み立て式だった以前のトロールロック(トロールテイマー)はマウントに付いている上げ下ろし用のロープガイドをそのまま利用していました(赤丸印)。

RIMG0844[2]

ある時から一体式のベースになったのですが、そのベースにロープを通す穴ができました。

IMG_9392[1]

穴があるとロープを通したくなりますよね。ところがX5のマウントにトロールロック(トロールテイマー)のベースを取り付けた際、穴をのぞいてみると・・・

P2100908[1]

 上げ下ろし用のロープガイドのシャフトが邪魔をしてます・・・これってツアーシリーズでも同様でこの穴を使うのは無理があります。なので元からある上げ下ろし用のロープガイドをそのまま使用します。

P2100911[1]

これで問題なく使用できます。トロールロック(トロールテイマー)のベースの角でロープを傷つける恐れがあるので念のためチューブで保護してくださいね。あと個体差なのか!?マウントにベースがはまらない時があるのでそういう場合はベースをやすりなどで削ってください。

琵琶湖や霞水系で荒れた時の走行時やボート牽引中にエレキ本体やエレキをマウントしている船体に掛かる負担は相当なもの。高価なエレキや船体を守るためにはトロールロック(トロールテイマー)がお勧めです。ご購入は下記リンクからどうぞ。

http://heartsselect.shop-pro.jp/?pid=41188966