ハミンバード360振動子用スタビライザー

お世話になります。

今回ご紹介するのはハミンバード360振動子用スタビライザーです。

360Stabi-10-2

魚探は通常、ボートが通過した後の映像を見ることになりますが、ハミンバード360イメージング振動子は振動子を中心に360度をサーチした映像が見れることから『未来が見える振動子』として発売時、大きな話題になりました。

humminbird_409250_1_360_imaging_trolling_motor_1121724

画期的な振動子ではあったもののトラブルが多いことでも有名でその多くはラフウォーターを走行したり、牽引中の振動によるものでした。後継機であるメガ360イメージング振動子では改善されていると思われますが、長いシャフトに重い振動子が付いている構造に変わりはなく、ラフウォーターを走行中にブルブルと揺れている振動子を見るのは気分が良いものではありません。

1106537_alt03振動子の構造が変わったことで壊れにくくなったとのこと

ハミンバード360振動子用スタビライザーはラフウォーター走行中や牽引中に発生するウルトレックス専用の360イメージング振動子やメガ360イメージング振動子振動を緩和するアイテムです。

360Stabi-8-2

ハミンバード360振動子用スタビライザーはアルミでできたウルトレックス専用のアイテムです。エレキのシャフト側にはシャフトがスムーズに回転するようにカラーが入っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

取付方法は簡単です。

①ウルトレックス専用の360イメージング振動子やメガ360イメージング振動子のプレートのボルト3つをシャフトが動くぐらいに緩めます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハミンバード360振動子用スタビライザーのホルト2つを外します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

③カラーが外れないように注意しながらエレキのシャフトと振動子のシャフトに嵌めます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

④同じくカラーが落ちないように気を付けながら上側から被せます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

⑤ボルト2つをしっかり締め付けます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

①で緩めたウルトレックス専用の360イメージング振動子やメガ360イメージング振動子のプレートのボルト3つしっかり締め付けて完了です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

振動子ケーブルをエレキのシャフトに取り付けている場合はハミンバード360振動子用スタビライザーが干渉しないように十分なたるみをつけてください。

360Stabi-8_c

注意事項
※ご利用頂けるのはウルトレックス専用の360イメージング振動子とメガ360イメージング振動子です。

ウルトレックス専用の360振動子やメガ360振動子の振動を緩和するハミンバード360振動子用スタビライザー。ご購入は下記リンクからどうぞ。

https://heartsselect.shop-pro.jp/?pid=157393935

 


モーターホルダー

お世話になります。

今回はバスボートを近距離移動させる時にチルトシリンダーやトリムシリンダーを保護するモーターホルダーのご紹介です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この手のアイテムはいろいろなメーカーから発売されていますが、モーターホルダーはいろいろな特徴があります!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

★マーキュリー船外機とヤマハ船外機のどちらにも使えます!

モーターホルダーはトリムシリンダーに差し込んで使用します。マーキュリーの船外機とヤマハの船外機はトリムシリンダーのピッチに違いがあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAマーキュリーは約140mm

OLYMPUS DIGITAL CAMERAヤマハは約126mm

ピッチの違いから同じメーカーから船外機別に同様のアイテムが発売されているケースが多いのですが、モーターホルダーはボルトを緩めることでシリンダーホルダー部のピッチを調整できます。マーキュリーのEFIやオプティマックスなどの大型2スト船外機&V6・V8の4スト船外機やヤマハのProVやHPDIなどの大型2スト船外機&SHO4スト船外機のどちらの船外機にもご利用頂けます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

★軽くて丈夫!

モーターホルダーの素材は軽くて割れにくく、耐衝撃&耐摩耗性に優れた超高分子量ポリエチレン。船外機が当たる側には耐衝撃性のあるラバー素材が使用されています。

P1204603_R2

★ステアリングロック付き!

モーターホルダーはステアリングロックが2個、付属します。セット販売でお財布に優しいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

モーターホルダーの取り付け方法は以下の通りです。

モーターホルダーのボルトを緩めてシリンダーホルダー部が動くようにしてください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

②愛艇の船外機のシリンダー部にモーターホルダーが入れられるまでチルトアップして差し込みます。シリンダーホルダー部のピッチが決まったら一旦、外してボルトを締め込みます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

③再び、モーターホルダーをシリンダー部に差し込んでチルトダウン、船外機本体にしっかり当てます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

④次に片方のステアリングシリンダーにステアリングロックを取り付けます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

⑤黄丸部の隙間がなくなるようにハンドルを切ります。

P1194568_R2OLYMPUS DIGITAL CAMERA

⑥もう片方のステアリングシリンダーにステアリングロックを取り付けます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これで完了です!

モーターホルダーは手軽に装着できてお財布に優しい価格なので愛艇を牽引しない方にも使ってほしいアイテムです。チルトシリンダーの保護はもちろん、船外機の角度を安定させることでボートカバーを掛けやすくなったり、船外機が左右に動くことで引っ張りがたるんでボートカバーがズレてしまう悩みも解決できます。

PB131419[1]船外機が動くとカバーの張りが緩んで止め紐が外れてズレます・・・

近距離移動にあると便利なモーターホルダー。ご購入は下記リンクからどうぞ。

https://heartsselect.shop-pro.jp/?pid=156915748

※モーターホルダーは近距離移動時にお勧めのアイテムです。長距離移動はトランサムセーバーをご利用ください。

 


ホンデックスHE-9000、ウインターキャンペーン!

お世話になってます。

12月と言えばボーナスですね。『ボーナス出たらホンデックスHE-9000を買うぞ!!』とお考えだった方に朗報です!

HE9000_1212

ホンデックス初の9インチオールインワンモデルであるHE-9000HE-9000【本体のみ】をご購入された方にはもれなくヘディングセンサーHD03(絶別30,000円)をプレゼント!

4580113182436
ホンデックスHE-900051RxZK2jA8L._SL1100_
ホンデックスヘディングセンサーHD03

ボートフィッシングではもはや必須アイテムと言えるヘディングセンサーがプレゼントされるウインターキャンペーンは2021年1月15日までの在庫限り。購入を考えていたお客様はお早めに下記リンクからご注文くださいませ。

https://heartsselect.shop-pro.jp/?pid=156203571

 


ヘルム用ストライドマウントはケーブルステアリングヘルムにも使えます!

お世話になります。

たくさんの方々からご評価を頂いたヘルム用ストライドマウント

P5172959-2[1]参照ブログ:http://heartsmarine.com/heartsselectblog/?p=2399

チルトヘルムが装着されたバスボートオーナーさんからリクエストを頂いて完成したチルトヘルム用ストライドマウント

OLYMPUS DIGITAL CAMERA参照ブログ:http://heartsmarine.com/heartsselectblog/?p=2720

こうなるとケーブルステアリング(いわゆる重ステ)のバスボートオーナーさんからも『ケーブルステアリング用はないんですか!?』との問い合わせが・・・

オーナーさん、安心してください!シースター(テレフレックス)のラック&ピニオンヘルムならヘルム用ストライドマウントが使えます!

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERANOーFEEDBACK STEERINGと刻印されているヘルムが多いと思います

取り付けることができるボートの条件は以下の通りです。

①コンソールにヘルムが埋まっていない場合は写真のような段ボール板を用意して取り付けたい魚探のコの字架台に貼り、チルトヘルムの樹脂カバーの根元からコンソールの面と平行に置いた時にコンソールのモールやメーターベゼルなどが段ボールや魚探に干渉しないこと。

※コンソールのモールやメーターベゼルなどが干渉する場合は②のコンソールにヘルムが埋まっている場合として判断します。(魚探がハンドルに干渉する場合はハンドルボスで調整してください)

PA184312_R_115 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

②コンソールにヘルムが埋まっている場合は埋まっている長さ(寸法A)を測定。次にコンソールの裏にある赤丸で示したナットから飛び出たボルトの長さ(寸法B)を測定。最後に上記と同じ段ボール板を貼り付けた魚探でコンソールのモールやメーターベゼルなどが段ボールや魚探に干渉しない位置を決めてコンソールからの距離(寸法C)を測定します。

PA204321_R_1024※写真は油圧ヘルムで撮影していますPA184307_R_1024PA204327_R_sun

寸法Aと寸法Cを足した数字が寸法Bを上回らなければ寸法Aと寸法Cを足した数字より長くて寸法Bより短いスペーサーかカラーを用意することで取り付け可能です。寸法Aと寸法Cを足した数字が寸法Bを上回るようなら寸法Bのほうが長くなるボルトに変更することで取り付け可能です。ボルトの長さは理論上は寸法Dの長さだけ長くできますが、あまり長くするのはお勧めできないのでお世話になっているメカニックにご相談してください。

今回はコンソールにヘルムが埋まっていない場合の取り付け方法を順を追って説明します。

ハンドル・留め具・プロトリム・樹脂カバーの順番で外します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

②赤丸印のボルト3本を緩めてヘルムの芯を抜きます。

P6143557_R_1024 OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

③青丸印のボルト3本を緩めてコンソールとステアリングベースとの間にヘルム用ストライドマウントを挟んでボルトで止めます。

P6143560_R_1024 OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コンソールにヘルムが埋まっている場合はコンソールとヘルム用ストライドマウントとの間にスペーサーやカラーを入れることになります。

④手順②⇒手順①の逆の順番でハンドルを装着して完成です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

相変わらずの長編ブログになってしまいましたが、いかがだったでしょうか。『難しいなぁ・・・』と思った方はお世話になっているメカニックさんにご相談するのが良いと思います(業販可能です)。当ブログ通りに測定しても愛艇に設置できるかどうか判断が付かない場合はお問い合わせください。

注意事項は下記の通りです。

【注意事項】
※GPS魚探がハンドルに干渉する場合はハンドルボススペーサーで距離を確保することが必要です。
※予告なく形状などを変更することがございますので予めご了承ください。

コンソールに取り付けるスペースがなくても大型GPS魚探が正面に設置できるヘルム用ストライドマウント。ご購入は下記リンクからどうぞ。

https://heartsselect.shop-pro.jp/?pid=151266297

 


チルトヘルム用ストライドマウント

お世話になります。

今回ご紹介するのは日本仕様のバスボートパーツブランド『 J-SPEC 』がリリースしたチルトヘルム用ストライドマウントです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チルトヘルム用ストライドマウントはコンソールの形状やメーターの配置、ダッシュボードのガタつきなどの影響を受けることなく、最新のバスボートと同じようにコンソールの正面にGPS魚探が設置できるマウントです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

先にリリースしたヘルム用ストライドマウントコンソールの正面にGPS魚探が設置できなかったバスボートオーナーさんやメカニックの方から大きな反響を頂きました。

P5172959-2[1]参照ブログ:http://heartsmarine.com/heartsselectblog/?p=2399

と同時にチルトヘルム(チルトステアリング)用はありませんか!?というお問い合わせを多くいただきました。そこでいろいろと試行錯誤して完成したのが、チルトヘルム用ストライドマウントです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

取り付けることができるボートの条件は以下の通りです。

①チルトヘルムのブーツを取った時に見える樹脂カバーがコンソールと面一か飛び出ていること
樹脂カバーが全部見えている(チルトヘルムがコンソールの凹んだところに装着されていない)場合ヘルム用ストライドマウントを使用しますので後ほど触れます

P5313122_R_3

②写真のような段ボール板を用意して取り付けたい魚探のコの字架台に貼り、チルトヘルムの樹脂カバーの根元から25°の角度に置いた時にコンソールのモールやメーターベゼルなどが段ボールや魚探に干渉しないこと(魚探がハンドルに干渉する場合はチルトさせてください)

P9174222_R_2 OLYMPUS DIGITAL CAMERA  P9174240_R_2OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヘルム用ストライドマウントと比べると取り付けることができるか否か、確認するのが簡単だと思います。

取付方法は以下の通りです。

①ハンドル・留め具・プロトリム・ブーツ・樹脂カバーの順番で外します

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

②チルトヘルム部を止めている2本のネジ(赤丸印)を外してチルトヘルム部を外します

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ボルトナットになっている青丸印のネジを外します

OLYMPUS DIGITAL CAMERA ネジの頭部が皿状なのでペンチなどで挟んで裏のナットを緩めてくださいOLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

④樹脂カバーを仮取り付けして外したネジがあるところに外径13mmのアルミカラーが入るようにマーキングして加工します

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

⑤赤丸印のネジ穴と青丸印のネジ穴の角度が違うので青丸印のネジ穴が樹脂カバーと直角になるようにドリルで揉みます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

⑥チルトヘルム用ストライドマウントにネジとカラーを通してチルトヘルムに取り付けて3ヶ所をネジ止めします

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

⑦手順①の逆の順番でパーツを取り付けてチルトヘルム用ストライドマウントにコの字架台を取り付けて完成です

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

で、チャンピオンの一部のモデルなど、チルトヘルムの樹脂カバーがコンソールに埋まっておらず全部見えるボートがあります。

P6283853_R_2

このタイプはヘルム用ストライドマウントを使用します。取り付け方法は以下の通りです。

①ハンドル・留め具・プロトリム・ブーツ・樹脂カバー・チルトヘルム部を外します

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

②青丸印&赤丸印のネジを外します

P6283862_R_2

③コンソールの裏にある油圧パーツを外します

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

④アルミパーツを外してコンソールとアルミパーツでヘルム用ストライドマウントを挟み込むように元のネジで止めます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

手順①の逆の順番でパーツを取り付けて完成です

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

またまた長編ブログになってしまいましたが、いかがだったでしょうか。『難しいなぁ・・・』と思った方はお世話になっているメカニックさんにご相談するのが良いと思います(業販可能です)。当ブログ通りに測定しても愛艇に設置できるかどうか判断が付かない場合はお問い合わせください。

注意事項は下記の通りです。

【注意事項】
※チルトヘルム用ストライドマウントが装着されることでチルトヘルムの角度調整に制約が生じます。
※角度調整してもGPS魚探がハンドルに干渉する場合はハンドルやハンドルボスの交換、ハンドルボススペーサーで距離を確保することが必要です。
※予告なく形状などを変更することがございますので予めご了承ください。

コンソールに問題があっても大型GPS魚探が正面に設置できるチルトヘルム用ストライドマウント。ご購入は下記リンクからどうぞ。

https://heartsselect.shop-pro.jp/?pid=154155340