スタビライザーをトロールロック仕様に加工します!

おせわになります。

今回はミンコタ・ガーミン・ローランスから発売されているGPSロック付きトローリングモーターに付属するスタビライザーにトロールロック(トロールテイマー)が装着できる加工のご案内です。

P8104067[1]

トロールロック(トロールテイマー)と言えばトローリングモーターの上下動を完全にロックするので走行中や牽引中にトローリングモーター本体やマウント・船体へのダメージを劇的に軽減することができるアイテムです。

RIMG08441この写真、販売元であるアメリカのTHマリンが当店のブログから無断で拝借して未だにホームページで使用している名誉ある!?写真です(≧▽≦)

参照リンク:https://thmarinesupplies.com/products/troll-tamer-trolling-motor-stabilizer-lock

各メーカーから販売されているGPSロック付きトローリングモーターは制御するモーターが内蔵されているので30kg後半の重量。今までのトローリングモーターとは比べものにならないほど重くなりました。当然、どのトローリングモーターもスタビライザーが付属しますが、あくまで下方向への揺れを防止するだけで上方向への揺れは防止できません。実際、GPSロック付きトローリングモーターを装着したボートで大荒れの中を走行するとトローリングモーターが上側に跳ね上がっているのを目視しているオーナーさんも多いと思います。

GPSロック付きトローリングモーター用のトロールロック(トロールテイマー)は日本輸入代理店では販売されていませんが、ミンコタのフォルトレックス用をウルトレックスのマウントに装着することが可能です。

2013032716293110b

マウントにトロールロック(トロールテイマー)を装着すると奥まったところにベースが付きますが、ケーブルが邪魔になり、つま先で蹴ってロックを解除することが面倒になるという欠点があります。

そこで純正のスタビライザーにトロールロック(トロールテイマー)が装着できるように加工することでロックの解除が容易になります。

PB301476[1]P7033885[1]

もちろん、ガーミンのフォースやローランスのゴーストのスタビライザーにも装着出るように加工することが可能です。

P8104067[1]ローランスのゴースト

P8224096[1]ガーミンのフォース

スタビライザーを加工する流れは以下の通りになります。

  1. トローリングモータに装着されているスタビライザーを外して当店まで送ってください。
  2. 新品をそのまま送ってもらっても構いません。
  3. 当店でトロールロック(トロールテイマー)が装着できるように加工してお客様に返送します。
  4. 加工にはミンコタ・ローランスのスタビライザーで1~3日、ガーミンのスタビライザーで1週間~10日ぐらいのお時間を頂きます。
  5. 加工するにはスタビライザーを機械で挟む必要があるので擦り傷が付く可能性があることをご承知ください。

トロールロック(トロールテイマー)を同時にご購入頂ければ加工費を2,000円ほどお値引きいたします。

PB301480[1]

大切なボートやGPSロック付きトローリングモーターを保護するトロールロック仕様スタビライザー加工。ご購入は下記リンクからどうぞ。

https://heartsselect.shop-pro.jp/?pid=153118229

 


コメント投稿は締め切りました。