ローランスゴースト用ブラケット

お世話になってます。

今回ご紹介するのは日本仕様のバスボートパーツブランド『 J-SPEC 』がリリースしたローランスゴースト用ブラケットです。

P5172941-2[1]

ローランスゴースト用ブラケットはローランスゴースト用ブラケットはローランスゴーストに振動子プロテクターを介して各種振動子をモーターに取り付けるためのブラケットです。

P5172893[1]

ローランスのゴーストは昨年12月に発売されたトローリングモーターです。

lowrance-ghost-electric-trolling-motor
ローランス ゴースト(GHOST)トローリングモーター

モーターは魚探にノイズが入りにくいブラシレスで従来のモーターより小型化、標準でHDI振動子が内蔵されています。また、3in1振動子が内蔵されたノーズコーンがオプションとしてラインナップされています。

000-15275-001-LOW-2
標準のモーター

79588BXL__55652.1580944447.1280.1280
ローランス ゴースト(GHOST)アクティブイメージング3in1ノーズコーン振動子

ノイズなし!小型化&HDI振動子内蔵は喜ばしいことなのですが、トータルスキャン振動子や3in1振動子を既に持っていて現有のトローリングモーターに J-SPEC の振動子プロテクターで装着していた方にとっては問題でした。

IMG_6812[1]
トータルスキャン振動子プロテクター3in1振動子プロテクターは当店でも売れ筋のプロテクターです。

取り付けるのを諦めていた方もローランスゴースト用ブラケットを使用すればトータルスキャン振動子プロテクター3in1振動子プロテクターを介してゴーストのモーターにトータルスキャン振動子や3in1振動子に装着できます。

取り付け方法は簡単です。

①ご使用になられてているトータルスキャン振動子プロテクター3in1振動子プロテクターの赤丸部(爪から2番目)の穴に角パイプを短手側が爪側になるようにネジで取り付けます。

P5222983[2]

P5172907[1]

P5172909[1]

トータルスキャン振動子プロテクター3in1振動子プロテクターに振動子を取り付けます。

P5172912[1]

③付属するパーカークランプでゴーストのモーター上部にブラケットを取り付けます。

P5172921[1]

トータルスキャン振動子プロテクター3in1振動子プロテクターをパーカークランプで取り付けます。

P5172930[1]
※2本目のパーカークランプはモーターの円錐部に掛かりますが、ブラケットが滑って外れることを防止してくれます

完成です!

P5172941[1]

少数派だと思いますが、ハミンバードのサイドイメージ振動子やホンデックスHE9000振動子・ガーミンのサイドイメージ振動子も J-SPEC の振動子プロテクター加工する(角パイプやパーカークランプの穴を開ける必要があります)ことで取り付けることができるので気になる方はお気軽にご相談ください。

持っているトータルスキャン振動子や3in1振動子を無駄にすることなくローランスのゴーストに装着できるローランスゴースト用ブラケット。ご購入は下記リンクからどうぞ。

https://heartsselect.shop-pro.jp/?pid=151212051

 


コメント投稿は締め切りました。