ストライドマウントW

お世話になっております。

今回は日本仕様のバスボートパーツブランド『 J-SPEC 』がリリースしたストライドマウントWのご紹介です。

P3312024[1]

ストライドマウントWはGPS魚探2台を並列にオフセットトレーやエレキケーブルに干渉することなく、ボート正面の高い位置に設置できる架台です。

P3312038[1]

ストライドマウントWは発売以来、大変ご好評を頂いておりますストライドマウントをベースにGPS魚探2台が並列で設置できるよう任意の長さでワンオフで作製します。

SMW_Sunpou

オーダー時にはご自身が並べたいGPS魚探の寸法とバスボートに設置できる幅を考慮して外寸法「X」を決めて頂きます。

まず、愛艇のストライドマウントWを設置したい場所の寸法を測定します。

IMG_0545[1]

次に並べたいGPS魚探2台を並列で置きます。

IMG_0531[1]

その際、魚探のノブを締めることができるような間隔を開けてください。

IMG_0532[1]

その上で魚探の架台の取付穴の外側寸法①と架台の外側寸法②を測定してください。

IMG_0542[3]

架台の外側寸法②に110mm足した寸法より愛艇の寸法のほうが長いなら架台の外側寸法②が「Z」の寸法となり、「X」は「Z」の寸法に110mm足した寸法になります。

架台の外側寸法②に110mm足した寸法より愛艇の寸法のほうが短いなら架台の取付穴の外側寸法①に余白40mmを加え、更に110mm足した寸法と比較して愛艇の寸法のほうが長いなら架台の取付穴の外側寸法①に余白40mmを足した寸法が「Z」の寸法となり、「X」は「Z」の寸法に110mm足した寸法になります。

架台の取付穴の外側寸法①に余白40mmを加え、更に110mm足した寸法より愛艇の寸法のほうが短いならGPS魚探2台を並列で並べることができないのでストライドマウントWは作製不可となります。

IMG_0521[1]

写真には取付穴があいてますが、実際の製品には穴は開いていません。取り付けられるGPS魚探に合わせてご自身で穴を開けてください。アルミ製なので簡単に穴を開けることができます。

ストライドマウント寸法-2

横から見た寸法は写真の通りです。

ストライドマウントWの固定にはM5のタッピングネジがお勧めです。設置するGPS魚探の大きさや重量を考慮した長さをお選びください。

GPS魚探2台をストレスなく、見やすい位置に設置できるストライドマウントW。ご購入は下記リンクからどうぞ。

ストライドマウントW:http://heartsselect.shop-pro.jp/?pid=131179886

 


コメント投稿は締め切りました。